炭の起源

炭の歴史は古く日本では石器時代に遡ります、最初の炭の発見は山火事などでできた消し炭です。当時の人類は洞窟の中で生活していましたので薪を燃やして暖を取っていましたが薪は煙が出て火持ちも良くありません。炭は煙が無く火持ちも良いことで生活に重宝されるようになり、炭を人工的に製造する技術が発明されてからは量も増え生活の必需品として人々の生活を支えてきました。