川から魚がいなくなった

中学の頃はよく魚を捕りに川に行きました
下流の方から川に潜って
魚が居そうな岩穴や岩陰で魚を探し
上流の方まで潜ると
かなりな量の魚が捕れました

今は川に魚はいません

田んぼの農薬のせいも有りますが
護岸工事などで魚が住む場所が
無くなったのです

昔は川岸は石を積み上げて作っていましたので
石垣には隙間があって草や木が繁殖していましたので
魚が餌にしたり住処にしていたのですね

土手に生えている木や草が
川の水をきれいにしていましたので

魚が住みやすい環境ができていました

今は護岸工事で川岸がコンクリートで被われ 川に木や草がなくなってしまいました

徐々に川が汚染され
魚が住めなくなってしまいました

今は川で遊ぶ子供はいません
母たちが洗濯していた川も
今はありません
メダカが泳ぎ
皆で泳いだ川も今はありません

昔は川は皆が集まるところでしたが
今は川には誰もいません