床下の除湿 脱臭 雑菌駆除に 床下用竹炭3kg袋入り 熊本県産

竹炭は木炭よりも多孔質な構造で消臭効果、浄水効果の点で備長炭よりはるかに優れています。炭は使用する前に煮沸して炭が吸収している微生物や遺物を取り除かなければなりません。たわしを使って炭の表面をゴシゴシとよく洗い水の中に備長炭を入れます。沸騰したら弱火にして5分ほど煮ます、煮沸後ザルにあけて乾燥させた後、冷蔵庫で水に浸して保存します。煮沸した容器でそのまま放置しておけば24時間後には一般細菌が増殖することが解明されています。使用した炭は2日程風通しの良い軒下などでよく乾燥させてから煮沸し再利用します。
■商品説明 竹炭は大分県産です
■形状 小割状 不織布入り
■用途 押入れや車の消臭 除湿に
■発送 お届けには3日から5日ほど必要です お急ぎの場合はご連絡下さい

■送料 送料は通常配送の価格になります 宅配便の通常価格でお届けできる1個口の重量は20kg迄です お届けする地域と重量によって価格が表示されます 20kgを超過すれば1個口では出荷できません。配達する地区、重量によって料金が異なります。金額は下記の『個人宅通常配送運賃表』をクリックしてください。

 

 

NEW
床下の除湿 脱臭 雑菌駆除に 床下用竹炭3kg袋入り 熊本県産
商品コード: A1706

炭を暮らしの中に 『炭は水や空気を浄化してくれます。いろいろな化学製品が出回って便利な世の中ですが、自然素材を見つめ直して暮らしに炭を取り入れて頂く事でより豊かな生活を送って頂けたらと願っています。』 昭和30年頃まで、炭は燃料の主役として日々欠かすことのできない貴重な資源でした。 どの家庭にも囲炉裏や火鉢があって、人々は炭火のある処に集まり暖をとったり食事をしていました。 また、炭が常に身近にあった時代、昔の人は炭を様々な用途で使っていました。
1.神社・仏閣の地下には炭を埋め、建物を害虫や湿気から守っています。
2.井戸の底に俵に詰めた炭を入れ、井戸水を浄化していました。
3.冷蔵庫の無かった時代、収穫した野菜や果物を保管するため、穴を掘って藁を敷き、底に炭を敷いて野菜や果物を保管していました。
4.厠など臭いの気になる処では、炭を籠に入れてぶら下げたり、置いたりして臭い取りに使っていました。

近年、化学製品の普及によって様々な環境汚染が問題になっています。 炭の持つ優れた特性は、 河川の汚水処理や飲料水の浄化、住宅の調湿、土壌改良など、あらゆる分野での活用が見直されています

関連カテゴリ:
竹炭パワー
雑貨
雑貨 > 炭の雑貨
詰め合わせ商品
詰め合わせ商品 > 雑貨 > 炭の雑貨
販売価格:1,512
会員価格:1,436
ポイント:15Pt
数量
在庫
有り